FC2ブログ
 
シルバーウィーク? 
bosan.jpg


“シルバーウィーク”とか“Go Toキャンペーン”だとかで世間がやけに騒いでいたせいか、
今年は初めて“お彼岸の中日”である“秋分の日”もその中にあったことをうっかり忘れて
しまっていました。ご先祖様、申し訳ありませんm(__)m

夕方のTVニュースで“今日は秋分の日”と言っているのを聞いて、うかつにも初めて知りましたが、
既に4連休の最終日。ハッピーマンデー制のおかげで何か季節感がメチャクチャになって
しまった感があります。敬老の日は9月の15、秋分の日が21日、私の頭の中のカレンダーは
いまだに昔のまんまです。



祝日と週休2日制をつなげて3連休以上の休日を増やそうと、国民の祝日の一部を
特定の月曜日に移動させる“ハッピーマンデー制度”が2003年から始まりました。この年から
9月15日だった敬老の日は第3月曜日に移動となり、最低3連休が始まりました。この3連休に
加え、さらに秋分の日が敬老の日と2日違いだった場合、祝日法によって、祝日と祝日の間の日は
国民の休日となることから、最大5連休の大型連休が発生するようになったのだとか。

厳密には、この最大5連休の大型連休となったときのみを“シルバーウィーク”というのだそうです。
また、この5連休は、毎年来るわけではないので、その希少性から“プラチナウイーク”とも呼ばれる
そうです。



イボにはバナナ 
banana.png

1,2年前から頬下(顎の右端というべきか)にできていた5㎜大位のイボ、
先端が少し赤みを帯びたイボなので、おそらく“老人性血管腫”というタイプのイボではないかと・・・

ネットで調べると、シミと同様、加齢とともに早い人では20代から中年になるにつれて
誰にでもできるもので、紫外線との因果関係はなく、良性腫瘍なので別に治療の必要もない
そうなのですが、粟粒ぐらいだったものがだんだんと大きくなって、できた場所柄丁度
髭剃り時にひっかける心配も出てきたので、何とかしたいと思っていました。

根元を糸で締めて思い切って切り離そうかとか、2,3、考えましたが、たまたま見つけた
“イボを取り方法” ― なんと、、イボにはバナナの皮が良いのだそうです。

そもそもバナナにはイボの組織を分解するタンパク質分解酵素が含まれているそうです。
私の場合はバナナの皮の内側をイボにあて、伸縮性テーピングで2,3時間から一晩
ほとんど毎日貼り続けました。す、すると・・・・・・
だんだんイボの水分が吸収されるかの如く次第にペッシャンコになってゆき、最後の表皮の
カサブタも3週間ほどすると完全に吸収されました。
今ではソバカスほどの僅かな跡が1つ残っているだけ。

効果てきめんでした。
パイナップルやキウイフルーツにもこの“タンパク質分解酵素”が含まれているそうです。




その他ランヤード 
knife lanyard ライト・ランヤード

その他手作りランヤード、
やはり市販のストラップなどよりは、愛着感マシマシです。

ナイフ、上から、
CRKT(コロンビア・リバー)/ロン・レイク(折りたたみナイフの父)デザイン・ラレド
スパイダルコ/マイケルウォーカー デザイン・ウォーカー関/Gサカイ製造)、
CRKT/ルーカスバーンリー デザイン・スクィド


ランヤード 
ランヤード1


ランヤード、本来は高所作業などで使われる安全帯(あんぜんたい)、いわゆる命綱的なものの
ことですが、こういうストラップみたいなものも今はランヤードと呼ぶようです。

小さめのナイフなどはこの10cmに満たないランヤードがあるだけで、握ったとき落下防止の役も
して、不思議と安心感みたいなものを感じます。

ブルートゥース・スピーカーやナイフ、お気に入りのものにパラコードや組紐、皮ひも等を
編んで、ビーズをあしらったりするだけで、なぜか“自分だけの一品”って感じになって
より一層愛着感が増すような気がします。




菅(すが)内閣・誕生決定 
菅ちゃん2


大方の予想通り危なげなく、菅義偉(すが・よしひで)内閣の誕生です。

今回の総裁選は安倍首相の辞任表明&コロナ禍の最中という緊急事態という
ことで、両院議員総会による総裁選挙となり、党員・党友投票を実施せずに
自民国会議員(394票)と各都道府県連から3人ずつ(141票)の代表のみという
ものでした。本来なら国会議員票と同数の党員・党友票が割り当てられるので、
ノーマルな総裁選にくらべると、“394-141”→253票の差が
出たことになります。
明日には臨時閣議で本格的に第99代内閣総理大臣に指名され、菅内閣の発足
となります。秋田県出身の総理大臣はこれが初。

今回の総裁選1番の注目であったとも言える2位争いは、
地方票でリードした石破氏を結局議員票で岸田氏が逆転(21票差)する形で
決着しました。
それにしても石破さん、毎度のことですが議員票が伸びないですネー。
今回も、“石破を2位にだけはするな!”とでもいうかのように、
絶対当確の菅さん票が20票ほどは岸田さんに流れたのではないか
というようなことも言われているようで・・・・・・

真っ先に立候補を表明し、地方に強く、持論をTVなどでは1番分かりやすく伝え
ていたと思える石破さんですが、いつものことながら、“総裁への道”はなかなかに
難しいようです。



..